動画活用例

教育研修での動画活用

2019年4月5日公開

近年のトレンドである働き方改革や社内業務の効率化に伴って、社内研修で動画を活用する企業が増えてきました。eラーニングやマニュアル、How toなど研修内容によって動画の使用方法は様々ですが、代表的なものは、自動車免許の更新の際に見る映像ではないでしょうか。

弊社でも勉強会やOJTを録画をして、新人研修のツールの一つとして保管しています。
今回は、動画を使った研修についてご紹介を致します。

研修用動画のメリット

重点的な説明や分からなかった所を見直すことができる為、非常に活用の幅が広いですが
下記のような目的で制作のご相談を頂くケースが多いです。

・反復学習ができる
・多くの情報を伝えることができる
・支店など離れた場所でも均一なインプットができる
・新入社員が入社するたびに生じる説明工数やコストを削減できる

研修用動画の紹介

マニュアル型

教セミ

こちらは面接対策用の映像で、入室から退室までの一連の流れや心得などを紹介しています。テロップを効果的に使ったポイント解説により、視聴者の理解度を高める工夫を施しています。

講座 型

ANAビジネスソリューション

スライドやナレーションを随所に使いながら、研修制度の内容や目的を紹介しています。研修受講者のインタビューを織り交ぜながら、充実の研修ラインナップと高い実効性をアピールしています。

ドラマ型

日本経済新聞社

シチュエーションや過去事例など、キャストを使ったストーリー仕立てで説明をします。

 

研修映像の注意ポイント

社内の研修内容により、説明するポイントが変わってきます。
下記部分などを中心に制作を進めていくことがポイントです。

 

・内容をきちんと理解している人が、シナリオ/撮影/映像を確認する

・受動的にみる形になるので、内容が多岐に渡って、長尺に及ぶ場合は演出や構成を検討する

例)クイズ形式、章立て など

・映像を流す環境によって構成を検討する

※映像研修の前に、上長から場の設定をするなど見る体制つくりも必要です。

またディレクターは研修内容を理解する必要があるので、研修内容に知見のあるスタッフがいるかどうかで、制作の進行具合が左右します。

最後に

研修映像は、社内のノウハウが盛り込まれているため、あまりWeb公開をされておらず、制作のイメージが掴みにくい映像です。
GoQMovieでは、研修映像を数多く制作したプロデューサーやディレクターが担当致しますので、インプットを効果的にするための演出や構成などお任せ下さい。

動画制作ならGoQMovieにお任せ!

GoQmovie

GoQMovie(ごくームービー)は、株式会社GoQSystemが提供するサービスで、動画制作を軸に企業の課題解決をサポートするサービスです。ヒアリングによる課題の抽出、あなたの目的に合わせた動画企画・設計・制作に加え、動画の活用と効果を最大化するマーケティングまでをワンストップで行います。