動画活用例

  • Home
  • 商品説明映像とは?

商品説明映像

2019年4月5日公開

動画の主な目的とすると「認知」「理解」の2つが主になります。
WEBや展示会など製品を紹介する場であれば、
より製品の理解をしてもらえる動画がオススメです。

商品説明映像の種類

コンテンツ型

NTTドコモ

Docomo製品の機能性を紹介するコンテンツ型。こちらの動画はモバイル通信速度の速さを紹介しています。演出がたいへんユニークで、インパクトの強い内容になっています。

 

利用体験 型

ili

実際の利用シーンを映像で説明する利用体験型。翻訳機を紹介するこちらの動画では、翻訳機を活用した観光の“新たなカタチ”をユーザー目線で紹介しています。

 

特徴説明 型

Iris Plaza

こちらは製品の特徴や使用方法などをテロップとイラストを使ってわかりやすく紹介しています。

 

BOTANIST

製品の自然的なコンセプトとスタイリッシュなデザイン性を押し出した動画で、ブランディング効果も見込める内容になっています。

 

CG

山本製作所

CADデータやPSDデータがあると、構造や全体をより理解してもらえる映像になります。

 

まとめ

商品説明の主流は、文字や画像から動画へと変わりつつあります。
動画でわかりやすく説明するのはもちろんですがターゲットやブランディングを想定して企画することが、“ファンの獲得”につながっていくのではないでしょうか。

その他事例

動画制作ならGoQMovieにお任せ!

GoQmovie

GoQMovie(ごくームービー)は、株式会社GoQSystemが提供するサービスで、動画制作を軸に企業の課題解決をサポートするサービスです。ヒアリングによる課題の抽出、あなたの目的に合わせた動画企画・設計・制作に加え、動画の活用と効果を最大化するマーケティングまでをワンストップで行います。